2011年05月13日

『バーン・アフター・リーディング』

『バーン・アフター・リーディング』観ました。
バーンアフターリーディング.jpg


2009年公開のコーエン兄弟監督の映画。

トレーラーとかから、勝手にもっとふざけてる映画なのかと思ってたら、

案外そうでもなく、作りはしっかりしてます。


ちょっとややこしい人たちが、偶然やら勘違いやらで勝手にややこしくなっていくお話。

その「ややこしい人たち」と「普通の冷静な人たち」との温度差の描き方が秀逸で、

それを見ると、他人に対して「なんかちょっとウザい」て感じるポイントって、結構万国共通なのかもと思う。


なんしか、そういう細かい部分とか丁寧に撮られてて観てて中だるみしなかった。

コメディなのにコメディっぽくない空気感で、でもやっぱりコメディなのが凄い。

『ノーカントリー』撮れるんやもんな。作りがしっかりしてて当然か。


個人的には、ブラピのちょっとお調子者キャラがポイント高かった。

そんで、この壮大さの無いミニマムな範囲のストーリーに対してのキャストの豪華さ。贅沢!

普通におもろかったです。

posted by 岩 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これのブラピは飛んてるよね。
チャリンコ飛ばしてくるのとかアホ丸出しで。
個人的にはマルコビッチに猛烈な哀愁を感じました。まあ、結局みんなアホだけど。
Posted by テク牧 at 2011年05月14日 13:56
そうそう、

なんだかんだ言って、結局みんなアホあんよな。
Posted by 岩 at 2011年05月14日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200847506

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。