2011年05月11日

エイリアン3


『エイリアン3』観ました。
e3.jpg

超今更ですが、

ちゃんと観てなかったんよね。


これ、デヴィッド・フィンチャー監督のデビュー作なんですよ。

『セブン』『ファイトクラブ』『パニックルーム』『ゾディアック』・・・

最近だと『ベンジャミン・バトン』『ソーシャルネットワーク』(まだ観てないなぁ)などなど。

個人的な印象としては、どれもヒリヒリとした空気感があって、

内容がぶっ飛んだものでも正統なものでも、小手先の技や派手な演出に頼らず、密度が高く受け手に媚びずしっかりとした質感で仕上げる、

でも常に鋭さを失わない、という感じ。


そんな監督が、

ファンもイメージもがっちり固定されてる超ヒット作シリーズの続編を撮る。

しかも監督デビュー作。

確かに注目は集まるが、恐らく監督自身の好きに出来る箇所なんて相当限られていたはずで、

しかし、ここからキャリアをスタートさせるからには妥協せず個性と方向性を込めないといけない。

後の大監督が、そのチャンスをどういった作品に仕上げたのか、

そう考えると、ちょっと観たくならないですか?




全体で観ると、後のフィンチャー作品に比べて「薄さ」を感じるのは否めない。

「派手な演出に頼らない」というのが「地味」に映ってしまう。これはやっぱり「エイリアンシリーズ」という要素が大きいけど。

ただ、部分部分での撮り方に独特の質感があって、

静と動の、「静」の緊張感の出し方なんかは後のフィンチャー作品に繋がるものやなと。


ただまぁ、

ストーリーがな・・・


でもずっと気になってたんで、観れてよかった。



今度『ベンジャミン・バトン』も観よ。

posted by 岩 at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本番OKらしいです(*´ω`)♪ http://m-s.e29.mobi/
Posted by age at 2012年04月30日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200525768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。