2011年05月09日

追記


ときめき☆ジャンボジャンボは、ボーカルの無いインストバンドなんで当然歌詞が無い。

ただ、それぞれの楽曲にはそれぞれの物語があって、曲の進行に従ってシーンも移り変わっていってて、

ビジュアル的なイメージだけでなく、物語性も含めたイメージがあり、

それらを言葉を使わず演奏で表現しようとしているバンド、なわけですが。


昨日のライブ後に、正にそう感じてますと言ってくれた方がいて、

もちろん、こっちが考えた物語のイメージとは違うものをイメージしてるのかも知れないけど、

それは全然問題じゃないし、

むしろそここそインストの面白さじゃないやろか。

こっちで考えてるイメージはあるし、曲名はそれに沿ってつけてるわけやけど。

個人的にはそれらのイメージはそこまで(受け手側にとっては)重要ではないと思う。

各々が自由なイメージを持ってもらえてること、その「遊び」の部分があるのがいい。


だから、ライブ後にその感想が聞けて嬉しかった。


posted by 岩 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。